Vision わたしたちのビジョン

支える農業を作っていく

伯耆のきのこは、「産業としての農業を確立し、雇用の創出を図る」を企業理念として、平成26年に創業しました。

全国的に耕作放棄地・遊休農地の増加が問題となっているのは、農業収入だけでは家族を養っていけない、仕事としての魅力が無いなどの理由で農地を活かす担い手が現れないことが原因であると考えられます。

しかし、果たしてそうでしょうか?

自ら生産し自ら販売する。あるいは、加工し付加価値を付ける。生産管理を行い、品質の向上や生産効率を上げる。

製造業では当たり前のことを農業でも当たり前に行う事で、雇用を創出できる産業となると考えています。

伯耆のきのこは、きのこの製造販売を事業の柱に据え、将来的には農業全般に携わり、地域に必要とされる企業として成長していきます。

Committed 伯耆のきのこのこだわり

完全無農薬!大山の伏流水で育った新鮮しいたけ

きのこの栽培には、多くの水が必要です。 伯耆のきのこの栽培場で使用される水は、地下30mから汲み上げた大山の伏流水を利用しています。

大山の伏流水は長い歳月を経てろ過され、大山で培われた豊富なミネラルを含んだ美味しい水になります。伯耆のきのこのきのこは、ミネラル豊富な天然水をたっぷり吸い上げ、これが栄養分となり、プリップリに成長したきのこを育てることができます。

完全無農薬で栽培され、収穫から袋詰めまでを一つ一つ丁寧に人の手と目を使うことで安心安全な食材をお届けいたします。

旨味成分もたっぷり!元気の源しいたけパワー!

きのこはビタミン類、ミネラル、植物繊維を豊富に含む低カロリー食品です。健康に欠かせない免疫力を高める食材として注目される栄養価の高い食材です。伯耆のきのこでは、現在シイタケとキクラゲを生産しています。

シイタケ特有の栄養素であるエリタデニンは活性酸素の働きを抑制するほか血圧や血中コレステロール値を下げる作用があると言われコレステロール値が気になる方にもおすすめです。

また、キクラゲは森のサプリメントとも呼ばれ、食物繊維・ビタミンD・鉄分・カルシウムを多く含みます。特に水溶性食物繊維を多く含んでおり、整腸効果が表れたという召し上がられた方からの声が多く聞かれます。乳酸菌・納豆菌に代表される菌活という言葉が、認知されつつあります。なんと!きのこは、そのものが菌なんです。種類によっていろいろ効果は違いますが、低カロリーな、菌活食材として注目を集めています。